グリーフケアカウンセリング

グリーフケアカウンセリングでは、

過去の中絶による継続的な悲しみや、罪意識を感じるなど、

どんなことでもあなたの思いをお聞かせ下さい。

maxInvxmw66PfVcs3Mu0moCPjoilopHyxD4.jpeg

・過去の中絶の経験を思い出すと辛くなる方。

・赤ちゃんや子供の話題が出ると避けたい思いになる。

・恥の意識を感じる

・出産に対して不安を感じるという方

あなたの気持ちに寄り添いながら、

お力になれる方法を考えていきます。

秘密厳守

秘密厳守.png

無料相談

無料相談.png

匿名相談

匿名相談.png

感染症対策に関して

最大限の安全を確保するため、スタッフは、物理的な距離を取ること、マスク着用、

消毒の実践を継続し、電話・オンラインによる方法も積極的に活用しています

カウンセラーの紹介

スタッフ写真 田中康子.jpg

​田中康子(カウンセラー)

1982年 アメリカより帰国し、NEC等の企業にて英語講師、

​      通訳者として活動

2014年 海外の教会にてHealing and Propheticの訓練を受け、

      日本の教会にて奉仕をスタート

2017年 ライフバイブルスクール卒業

2018年 教会スタッフとして従事

2021年 カナダのカウンセリング機関CAS

            (Christian AdvocacySociety)より、中絶後

              グリーフケアのトレーニングを​受講開始

​2022年 トレーニング修了 ピアカウンセラー認定

pacs.png

私達はカナダのPost Abortionカウンセリング団体

Post Abortion Community Servicesからトレーニングを受け、

また適宜指導を受けながらカウンセリングを行っています。

ご相談の流れ

① カウンセリングのご予約・お問い合わせは、メールまたは

お電話(受付 火〜土14時〜20時)にてご連絡下さい。

電話:.png
メール:.png

① カウンセリングのご予約・お問い合わせは、メールまたは

お電話(受付 火〜土14時〜20時)にてご連絡下さい。

オペレーター:.png

② カウンセリングをご希望の方には、簡単なヒアリング

させていただき、カウンセリング日時のご希望をお伺いします。

初回カウンセリング.png

③ 初回カウンセリングを行います。

 (対面・zoom・電話のいずれかとなります)

電話:オペレーター.png

初回カウンセリング後に、次回以後のカウンセリングを

プランニングします。(週1回、1時間程度、計5回を基本としています)

カウンセリングの進め方

実際の流れは、それぞれのご経験や状況により千差万別ですが、

参考のために代表的な例を記載しています

中絶の経験と向き合う.png

中絶の経験と向き合う

中絶を経験したことと、その経験がどのようにご自身に影響を与えているかを、安全で偏見のない場所で検証していくことは、癒しのプロセスにおいて重要なことだと、私達は考えています。

 

突然やってくる悲しみなどに不安を感じる方には、ゆっくりとその感情や思考のプロセスを認識するためのお手伝いをしていきます。

怒り:.png

怒りや、その奥底にある感情を識別する

怒りの感情そのものは良いとか悪いというものではないこと、また、他の感情によって引き起こされる二次感情だと認識することは重要なことです。

 

ある怒りは、価値観が侵害されたり、信頼関係が壊れたりしたことを示しているかもしれません。心の奥底にある感情を、識別して理解していくプロセスです。

恥じらい:.png

罪悪感や羞恥心への対応

罪悪感と羞恥心は絡み合っていることも多く、切り離してそれぞれに対応していく必要があります。

 

悪いと感じ続けることで、自分の罪を償わなくてはいけないという思いや、ご自身の経験によって誰かとつながりを持つのに値しないのではないか…という思いなど、強い痛みを伴う感情を持たれている方にもお会いしてきました。

これらの思いに一つ一つ対応していく中で、大きな解放への糸口を見出す方も多くいらっしゃいます。

クロス.png

赦しを受け入れる

赦しは、悲しみや痛みを無効にしてしまうものではなく、むしろ発生した悲しみや痛みの全容を明らかにしていく中で得られるものでもあり、玉ねぎの皮を一皮一皮むいていくように、時間をかけて考えていくプロセスです。

悲しみ:.png

中絶した子供達の喪失を悲しむ

喪失を悲しむことは、最もつらいことの一つかもしれませんが、失ったいのちを見つめ、悲しむことで、人は悲しみの旅を前進させることができます。

花束2.png

【追悼式・メモリアル】

追悼式・メモリアルとは、故人を偲び、その人生の喪失を悼むことです。カウンセラーと2人で、あるいはご希望によっては複数人で行うこともできます。

子供の人生は重要で、価値があり、尊重され、記憶されていることを示す時間でもあります。

思い出す.png

中絶経験を継続的に思い出すことへの対処について

カウンセリングが進んできても、中絶の経験が思い出され、罪悪感などに直面するというケースもありますが、それらが起きうることを認識し、対応方法を知ることで、備えることができるようになっていきます。

前向き.png

受け入れと成長

癒しのプロセスにはそれぞれのペースがあるので、私達はそれを尊重し、この段階に急いで到達しようとはしていません。

 

それでも、ある時に気がつくと、中絶の経験を以前とは違うレベルの羞恥心・非難・罪悪感で受け入れていることに気付くことがあります。

 

また、自分にとって好ましくないと感じる思考や信念・行動を知る機会や、自分や他者との境界線についても新たな視点を持つ機会ができます。